中川ひろたか/過去の日記|SONGBOOKCafé ソングブックカフェ

    中川ひろたか   過去の日記

過去の日記

06.02.27

■昨日、谷口とコンサート。
豊橋「はじめの一歩」さんの主催。
会場は、豊橋市総合体育館第二競技場。
第一競技場では、ママさんバレーの大会があって
ゲストに河合俊一が来てたって。
だけど、そんな影響もまったくなく
400人近い方々が来てくれた。

谷口とは、いつもセミナーが中心で
親子コンサート、しかも2時間。
今回、はじめての試みだったけど、
すごく楽しくできましたね。
いい感じだったと思うよ。

■ソングブックカフェのHPに
ニュース欄を設けました。
ささやかなニュースが、こきざみに
載ると思います。
お店の感想など寄せていただければ
そこで転載いたします。
読んでね。

06.02.25

■昨日、宮崎・日南市。
宮崎は、今、プロ野球のキャンプ地として
にぎわっている最中で、
空港なんかも球団グッズなんか並べて
けっこうな盛り上がりをみせている。

日南市にも広島カープが来ていて
ホテルがいっしょ。
なんととなりは、苫米地選手の部屋だった。
ドアの前に、洗濯したてのユニフォームが
置かれてたりして、
選手の誰にも会わなかったけど
なんかキャーって、
思いっきりミーハーな気持ちになっちゃった。

■翌朝10時過ぎから
吾田東小学校の全校500人の生徒を相手に
1時間半のコンサート。
すごくいい子たち。
子どもたちがいっしょに歌ってくれるんだけど
ものすごくきれいな声でね。
それに、やられちゃうんだなぁ。
熱いものがこみあげてきちゃって、
歌えなくなっちゃうの。
また、会おうね。

06.02.18

■SONG BOOK Cafeに行くと、中川さんは
いらっしゃるのかどうかって
問い合わせを、ちょきちょき受けますが、
お答えいたしましょう。

中川:なるたけいますようにしますです。

が、それなりの仕事もありますもので
(もうそろそろ、こっちの仕事もしてくださいねって
何人もの編集者ににらまれたのよ、お祝いのあとで)
で、土・日、コンサートや講演会などがなければ
できるかぎりいるようにします。
(schedule 参照してください)

さっそくスケジュール参照しますと
なんだか18日、19日は、店にいそうだぞ、
っていうことになりますね。

鎌倉は、早や、梅が咲き始めています。
大仏もいるでしょう。
じゃんじゃん来てください。
お待ちしております。

■シフォンケーキ(絶品!)やクッキーを
提供してくれてる food mood さんの
ブログに、SONG BOOK Cafe が紹介されてます。
きれいな写真と文章よ。

■で、いろいろ調べてみると、ここにも、ここにも、
なんとここにも、お店のことが
紹介されているではありましぇんか。(長新太風)
うれしいっす。

06.02.17

■SONG BOOK Cafeの
オープニングウィークが14日に終わったとたん
ぼくは、風邪をひいてしまった。
ヒジョウにわかりやすい身体 I have。

ちゃんと来店者を数えてないが
5日間で、
およそ300人ほどの方々が
訪れてくれた。
すごく、ありがとう。

絵も9枚も売れた。
本棚がスカスカになった。
これはもう、
大盛況と言っていいでしょう。
ほんとに、ありがとう。

昨日は、そんなオープニングのあとの
静かな雨の木曜日。
人通りはほとんどなく、
お客さんは少なかったけど、
商店街のおかみさんやご主人たちがやってきたり
観光のドイツ人が入ってきたりで
いきなり、観光地の喫茶店みたいな感じで
おもしろい。

一昨日の定休日、あと片づけをしていると
だれかのブログを見たといって
お姉さんが、ふらっと来てくれたりね。

いろんな人が、いろんな興味で
店に来てくれる。
そんなことが、ぼくにはソートー、面白いね。

■そんなこんなの喧噪の中
新しい絵本が発売された。

『へいわのうた』(講談社)
翻訳物ですね。
作者はサム・ウィリアムズ。イギリス人。
絵は、日系なのかなぁ、ミク・モリウチ。
原題は『Talk Peace』

この絵本について
書いた文章があるので
読んでください。

(またもや大きな本で、スキャナーしきれず。すいません)

06.02.13

■SONG BOOK Cafeも、早や4日目。

連日、たくさんのお客さんが、かけつけてくれて
うれしいったらありゃしない。
遠くは、鹿児島、福岡、岡山、京都、新潟から
お見えです。
ほんとに、ありがとうございます。

朝起きると全身筋肉痛なわけ。
緊張してるンかなぁ。

増田のとこで
紹介されたので見てみてね。

06.02.10

■SONG BOOK Cafe 本日開店!

06.02.08

■3日「第51回青少年読書感想文全国コンクール」の表彰式、
そしてパーティ。
『ないた』の感想文で
毎日新聞社賞をとった永松正幹くん(福岡・1年)の文章。
無断転載。ごめん。

「・・・こころがよわむしのときに、なくとおもっていたけれど、
かなしくてこころがずしんとおもくなったり、
うれしくてきもちがふんわりできたときにも
なみだがポロリとおちて、
なくんじゃないかなぁとおもいました。
ぼくは、もうなくことは、
かっこうがわるいこととはちがうときづきました。
なみだがでてくるのは、こころのなかが、
げんきになるためだとおもうからです。」

『ないた』の感想文が、
一番、応募も多く、入選者も多かったみたいね。
そのどれもが、すばらしくて、
読みながら、やっぱり、泣いちゃうわけね。

しかし、この本では よく、泣かされるなぁ。

■4日、谷口國博と三重県白子で、セミナー。
世界文化社系列、東海ワンダーさんの主催。
「うたあそび講習会!」「うたあそび研究所!」を中心に
びゅんびゅん飛ばして、あっという間の1時間半、
なんだかんだの2時間でありました。
タカマサくん、また、やろうね。

■5日、新沢としひこ、工藤直子さんと
3人のコンサート。
主催は、大阪・高槻の自遊楽校。
3年前にも、この3人でやったことがあるらしいが、
でも、このメンバーでやるのなんて
それ以来のことだからね。

コンサートは、ほんとに何も決めてなく
3人それぞれの構成作家が、まちまち台本を書きながら
進めていく感じ。
前の曲が、それなら、次は、これを
勧めてみよう、ってなって感じ。
でも、これが、ものすごくいい。
気がついたら、1時間半経過だった。
・・・またかよ。

この時の時計係は、なんと、工藤さん。
1時間半経過を知ったのも、工藤さん。
えらいっす。

■朝から、お店に行って
絵を飾ったり、棚を作ったり
本を並べたり、してます。
10日の開店まで、あとわずかです。
と思ってたら、角野栄子さんがやってきた。
昨日は、長野ヒデ子さんだった。

くどいようですが
もっかい、言いますが
10日から14日を、
オープニングウィークとして
中川が、ウェイトレスを
務めさせていただきます。
ぜひお越しください。

06.02.03

■2月10日開店をひかえて
SONG BOOK CafeのHPを立ち上げました。
ぜひごらんください。
トップページからも行けますよ。

SONG BOOK Cafe

■週末の予定。

・今日3日、
「第51回青少年読書感想文全国コンクール」の表彰式があって
それに作家として出席する。
『ないた』がそれの課題図書になったからなんだけど
出席するはずの長新太さんが、いないんだよなぁ。
こういうとき、ものすごく、寂しいさ、つのるね。

じゃ、今日も、長さんの顔マネしてこよう。

・4日、谷口國博と三重でセミナー。
・5日、工藤直子さん、新沢としひこと高槻でコンサート。
と、まぁ、そんなツアー。

詳しくは、schedule。

06.02.01

■土曜の朝のNHKテレビ
『あそびだいすき!』のCDとDVDが
発売されました。

  

谷口と作った『みんなとあそぼ』や
『しゅりけんにんじゃ』も収録。
両方ともレコード屋さんで買えるはず。