中川ひろたか   過去の日記

過去の日記

04.08.31



■『ほっぺ』第3号が発売されました。
もちろん表紙は、はたこうしろう(敬称略ごめん)。
詩は、谷川俊太郎。
その絵が、酒井駒子。
お話陣は、やまだうたこ、たかどのほうこ、増田裕子他。
うたのパステルが、長谷川義史。
とじこみ絵本は、オリジナル書き下ろし
『おでっちょさん』(文・まつしたきのこ 絵・伊藤秀男)
回を追うごと、ぐんぐん充実の作りになってると
自画自賛。
詳しいラインナップは、ここ。
きょうから、書店売りのはず。600円。

04.08.30

■ごぶさたでした。
これといったニュースもなく 五輪ピック観戦に明け暮れてたもんで
大変、失礼しやした。

と言っても、28日には 講談社の絵本のイベントがあった。
ゲストは、村上康成と荒井良二。
村上康成のウクレレ、荒井良二のギター、
絵本業界で3本の指に入る「ミュージシャントリオ」の出演だぁ。
ちょっとした「バンド」になった。
歌の合間に、間奏があるなんて、 そうそう、あるもんじゃない。
荒井良二のギターソロを聴いた
講談社のお偉方が「まるでベンチャーズみたい」って
言ったらしいが、それは、ちょっと違う。

『うたのパレット』でいっしょに作った歌をうたったり、
それぞれ、新作を読んだりした。

3人とも関わった
『世界中のこどもたちが103』の絵本も紹介。
たまたま来ていた発起人の一人、浜田桂子さんに
突然だったんだけど、 あいさつしてしていただいた。
美しかったでした。

■楽屋で、オリンピックのレスリングの話になった。
あの四つんばいの屈辱のポーズは、ありゃなんだって。
女子も女子だが、男子も男子だと。
あれ見て、おれ、将来、レスリング選手になりたいと
思う子どもが、どれだけいるんだろうと。
うーん。

04.08.23

■忙しかった「夏」も、一段落。

21日、午前中、パシフィコ横浜会議センターで
全日本私立幼稚園連合会関東地区教員研修セミナー。
400人の幼稚園の先生。
すごく盛り上がる。
その後の、サイン会を途中で打ちきって、 岡山へ移動。

タクシーで、羽田へ。
ところが、道が大渋滞で、まったく動かない。
あと1キロ半のところで、タクシー降りて
ミツルと二人、高速道路を歩くことに。
大きな荷物を抱えて、
汗ダクダクになりながらも、 なんとか出発15分前に到着。
やれやれとチェックインすると、係の人に
「お客様が、最後です。走ってください」と言われ、
まるで『くまくまさんのがいこくりょこう』のように
空港の中を走って、
ギリギリセーフ。

飛行機に乗るなり、スッチーに
「お待ちいたしておりました」って
言われた。

横浜でいただいたお弁当は
箱が壊れ、中の糸こんにゃくが
ミツルのカバンの中で、ぐちょぐちょにまみれていたが
機内で、いただく。
おいしかった。

■岡山も、こどものとも社主催のセミナー。
2日間に渡ってのセミナーで、
他の講師が、松居直さん、垂石眞子さん、中村柾子さん、
そして、今森光彦さん。
今森さんは、一度、滋賀のお家におじゃましたことがあって
それ以来、2度目。
他の方たちとは、はじめてお会いした。

約1時間半のセミナーのあと、
夕食があって、その食事の場で、
なんと、中川ひろたかディナーショー。
ナイフの音が、カチャカチャ鳴る中、歌う。
楽譜集を用意してのリクエスト大会。
箸袋に曲名を書いてもらって
それを、箱に入れ、それを引きながら歌っていくの。
なかなかに、スリリングで、けっこう面白かったね。

うたった歌:
「かたつむりのとこや」
「わたしをすもうにつれてって」
「バケツ100ぱいのなつやすみ」
「にじ」
「あしたがすき」
「テルテルボーイズ」
「ハッピーチルドレン」
「ともだちになるために」

■翌日、名古屋のメルヘンハウスで
『ともだちになろうよ』(絵・ひろかわさえこ アリス館)の
原画展をやっているので、
ひろかわさん、アリス館の湯浅さんと
名古屋駅で落ち合い、表敬訪問。

着くなり、店主の三輪さんは、店にいたお客さんを急きょ集め
ぼくたちを、紹介した。
「中川さんとひろかわさんが来てくださいました。
では、読んでいただきましょう」
これだもん。
ま、いやとも言えず、 読ませていただきました。
でもね、そのかいあって、
何冊か買っていただきましたもんね。

三輪さん、
かき揚げ天せいろ
ごちそうさまでした。
美味かったっす。

04.08.19

■「足が抜けたら、押さえ込み」

04.08.18

■16日、絵本カーニバルのワークショップ。
約15組の親子が参加。それが、2コマ。
テーマは「だじゃれデパート」。
デパートに売っているモノのだじゃれを考えて、
それを絵にする。
「だじゃれどうぶつえん」みたいなこと。

だじゃれって、ことばあそびの中でも
やっぱり、高度な部類に入るんだね、
少し小さい子には、むずかしかったみたい。
でも、お母さんと考えたり、 中川さんに励まされたりしながら
なんとか、全員、仕上げました。

最後に、みんなで作品発表会。
すごく、楽しいのがいっぱいできた。

「マッチョなマッチ」
「かばんのかんばん」
「どじょうの道場」
「メガネに目がねぇ」とかね。

ウケてましたね。

■17日、茨城県の幼稚園の先生セミナー。
水戸の県民文化センター、超満員。 どえらく、盛り上がりました。

■出番前に、となりにある茨城県近代美術館に行って
「香月泰男展」を見る。
谷川俊太郎さんとの詩画集「旅」やいくつか画集もあって
絵は、知っていたが、原画を見るのは、はじめて。
シベリア抑留時代の悪夢と、 自身本来持っている幼児性が
繰り返し、繰り返し、現れて、
ぼくは、ぐわんぐわんに、揺さぶられた。

ぜったい、見た方がいい。
9月12日まで。

■帰り、車で通った水戸の公園が、美しかったぁ。
湖があって、ずっと、どこまでも、緑が続いてて、
すばらしいのな。水戸って。

04.08.15

■いそがしい。
なにがって、スポーツ観戦。

・柔道の野村が、準決勝から、胴着の色変えるもんだから
一瞬、負けたと思ってしまった。
でも、いいなぁ、奥さん美人だし。

・ヤワラちゃん、連覇おめでとう!
でも、外人に、田村と谷が、
同じ人ってわかるかなぁ。

・男子サッカー「日本×腹具合」惜しかった。

・ダルビッシュ君、すごいんだけど、
なんか、せっかち。

・きょうは、中畑ジャパンの野球。イタリア戦。
サッカーもイタリアと。

応援よろしく。

■13日、渋谷・子どもの城に
「キンダー・フィルム・フェスティバル」を
見に行く。
カナダ、フランス、スェーデンなどから、良質の映画、アニメーションなどが
出品され、上映される。
13日が、オープニングで、22日まで、開催。
ポンキッキーズでおなじみ「きかんしゃトーマス」や
ノルウェーの作品「マレーネとフロリアン」を見た。
すばらしい。
この日、特別に、ブラザー・トムさんの紙芝居。
なんと「ともだちになろうよ」を演ってくれた。
とっても、よかったっす。

■そのあと「絵本カーニバル」に行く。
新高輪プリンスの飛天の間。
芸能人の結婚式やるみたいなとこ。
でっかいよぉ。
そこに、絵本が、ブワーッとあって、
じつに、壮観。
これは、19日まで。

04.08.12

■10日、『世界中のこどもたちが103』の原画展が、
銀座教文館9Fウェンライトホールであった。
原画展と言っても、その日だけで、 しかも、2時半までという、超期限付き。
それでも、たくさんの方々が来てくれた。

この本に参加した作家もたくさん来て、
みんなのサインに応じていた。

新沢としひこ、HIBARIもかけつけてくれて、
3人で『世界中のこどもたちが』を歌った。
HIBARIちゃんは、ほんとなつかしく、
夏休み、久しぶりに会った、いとこみたいだったよ。

3時からは、記者会見があった。
杉浦範茂さん、浜田桂子さん、田島征三さん、和歌山静子さん、太田大八さんから
この本ができたいきさつやらの説明。
それを受けて、記者からの質問、
そして写真撮影と続く。
残念ながら、テレビ局は来ていなかったけど
10数人のカメラのフラッシュ浴びちゃったりして
ほう、これが、記者会見つうものかと、少し、感激。

そのあと、立食のパーティがあって、
作家どうしのサイン交換会。
まるで、スタンプラリーのように
作家が、作家のサインを求め歩き回っていた。

■この日、翌日のセミナーのため
谷口と仙台に移動。
リハのあと、牛タン屋で、夕食。

■11日、谷口との世界文化社・ワンダーセミナーの最終回。
慣れた頃、終わるといういつものパターンで
『うたあそび講習会!』の幕を閉じた。
また、例によって、1時間半のサイン会をして、
新田新一郎、ラーメンちゃんのいない
「プランニング開」(志賀ちゃんには会えた)と
休業日の「横田や」を訪ねた。

怒濤のセミナーラッシュも一段落ってところ。
つぎは、絵本カーニバルですね。

■絵本カーニバルと言えば
すでに、昨日から新高輪プリンスホテル・飛天の間で始まっていて
これに合わせるように、新しい絵本が発売された。
あの超人気作家100%ORANGE
(新潮文庫のパンダ・Yonda?キャラクターでおなじみ)とのコラボ絵本。
『バスなのね』『ふねなのね』『おうちなのね』という3冊。
去年の『コップちゃん』たちよりも少し年齢がいっていて、
ごっこあそび、見立てあそびの絵本。
前回もそうだったけど、かわいくて、シュールっていう
100%ORANGEのテイストそのままの仕上がりになった。
ま、一応、赤ちゃん絵本のハンチュウに入るんだろうけど
(ブロンズ新社では、First Book Series っていうんだよ)
強力に革新的な絵本だと思う。
(だけど、ぜったい子どもたちにウケる自信あり)
ぜひ、手にとって、ご覧ください。
(絵本カーニバルの会場で、先行発売。書店はその後、9/1発売予定)


  

04.08.08

■103人のイラストレーター、絵本作家が
『世界中のこどもたちが』をテキストに描いた
「平和絵本」が完成した。
タイトルは『世界中のこどもたちが103』(講談社 ¥1890)



(サイズが大きくてちゃんとスキャンできず。天地少しずつ切れてます)

103人のイラストコラージュといった感じで、
アートディレクションした、長友啓典さんは
さぞや、大変だったろうと思うけど、
もう日本のトップアーティストですよ。
その方たちが、新沢とぼくとで作った歌の元に集まって
一つの思いを持って、絵を寄せてくれたんだものね。
みんなの共通の思いが、一冊になったんだもの。
感慨深いなんてもんじゃない。
ほんとに、すばらしいよ!

付録に103人の絵描きさんの顔写真一覧。
へぇ、あの人、こんな顔してるんだって
けっこう楽しい。
そして、どれが誰の絵なのか
わかるようになっていて、これも楽しい。
絵見て、誰のだか、あてっこしたりしてね。
ちなみに、表紙の楽譜は、杉浦範茂さん。

その原画展は、銀座教文館9Fウェンライトホールで
8月10日、10時から2時半まで。

04.08.07

■長いツアーでした。
帰ってまいりました。

2日に出かけて、昨日まで、
4日連続のセミナーでした。
それも、福岡 → 大阪 → 宮崎 → 福岡という
驚異の移動。
でも、とても楽しく、
きわめて有意義なツアーでありました。

■2日、谷口と福岡に移動。
ホテル到着後、すぐに、リハ。
そのあと、博多・中州で、世界文化社の方々と夕食。
博多名物、水炊きと焼き鳥をいただいた。
白く濁ったスープを飲みながら、
白骨温泉の話なんかしたりした。

■3日、パピヨン24ガスホールで
谷口とのセミナー「うたあそび講習会!」
朝、8時半から、軽くリハ。
スタートは、10時(早)。

谷口が用意した医者の白衣を着、
頭にハンガーつけて出演。
400名のお客さんは、軽く引いたが
音が鳴ったとたんに、大盛り上がり。
すさまじいセミナーと、なった。

セミナー後のサイン会では長蛇の列で
CDブック『うたあそび講習会!』は
なんと250冊が、完売した。
半分以上の人が、買ってくれたんよ。

セミナーは、1時間半、
サイン会も、1時間半、
すぐに、次の場所、新大阪に移動しなくちゃなんない。

ぼくたちのあとの講演が
水森亜土たん。
ソデからだけど、見ることができた。
ぼくが、子どもの頃から、あの方、
やってるんですからねぇ。
うれしかったよぉ。
「キャッホー!」の声も、聞けたしね。

新幹線には、3時間くらい。
車内で、おつかれさんビール。
ほどなく、爆睡。
谷口は、身体を斜めにして寝て、
車内販売のカートに、何度も頭をぶつけられた。

大阪に着くと、すぐに、リハ。
リハ後、ホテルの部屋で、サッカーの
アジアカップ「日本×バーレーン」を観戦。
みんなで、ギャーギャー!

ちょうど、大阪・十三で、花火大会があって
窓から、よく見えてね。超よかったっす。
でも、大阪の花火、ちょっと関東のと違う感じしたけど。
どうなんだろう。

そして、遅くの夕食。焼き肉屋。
たらふく。

■4日、大阪三井アーバンホテルでのセミナー。
朝早くリハして、10時からお仕事。
ちょっと、このセミナー、ヤバイ。
ウケ過ぎ。
この日も、200冊が、完売した。
世界文化社の人も、こんなん見たことないと。
新記録らしい。

次の講演の假屋崎省吾さんは、ぼくたちのサイン会の様子を見て、
「こんなに売れてるんじゃ、あたしのなんか、だれも買ってくれないわね」と
オネエ言葉で、言っていたって。
実物、拝見いたしましたが、
いやいや、さすが、すごいモノ放ってましたね。

そして、移動。
伊丹空港で、おつかれさんビール。宮崎へ。
飛行機の中では、もう、離陸も知らないほど、爆睡。

谷口は、初めての宮崎ということで
ちょっと、ホテルの近くを散歩した。
宮崎は、地鶏のさしみで、有名。
リハ前だったけど、ちょっと、食べようかと、
開いたばかりのお店に入って、地鶏ビール。
じき、ケイタイが鳴って、会場へ。
軽くリハして、夕食。
ロシア料理。いただく。

■5日、JA会館で。
朝リハ。10時本番。
サイン会やって、昼飯。
移動ビールで、爆睡。
到着後、軽くリハ。
夕食食べて、翌朝、リハ・・・という
イレギュラーな規則性に、身体が慣れて、
まったく、快調。

二人のセミナーも、つごう4回目。
いろんなことが、スムースに、テンポよく、
上手になってきてて、
「ま、なんでもそうですけど、
上手くなった頃、終わっちゃうんですよね」と言った
谷口の目が、涙で光ってた。

あいかわらず、『うたあそび講習会!』はよく売れて、ここでも完売。
「おいおい、これじゃ、おれたち『平成のカンバイ男』だよぉ」と谷口。

ほかにも、『ともだちになろうよ』や
『あいうえおのうた』『みんなぜんぶいろんな』
谷口の絵本『ぼくのかぞく』
最新CD『カラフル』も好調。
販売したワンダー宮崎の人たちも、ビックリだったって。

来年も、ぜひって、言われちゃったんだけど・・・。

宮崎での次の講師は、絵本作家の永田萌さん。
山野さと子さん(ドラえもんの主題歌歌ってる人)
キャー!お会いしました。

そして、移動。
ぼくは、福岡に、谷口は、福岡経由で沖縄に。
空港で、涙の別れ。愛の抱擁。

谷口とは、こんど11日仙台で、ある。

福岡は、チャイルドの主催、
湯浅とんぼさんとのセミナー。
この日、夕食を講師の今井和子さん、
水族館の中村元さんととる。

終わったあと、もう、ちょっと、
ツアー最後だし、博多だしって、
ミツルと二人で、ミーノ。
屋台行っちゃった。

■6日、朝一番にリハ。
でも、出番は、最後。
今井さん、中村さんのあと。
その間、楽屋で、爆睡。

とんぼさんとのセミナーは、2月以来。
相変わらずの、まったりとした感じで
へろへろしちゃうセミナー。
受講生みんな、とんぼさんの
へろんが光線に、やられちゃったもんね。

『あそびうたクラブ』をテキストにやったんだけど、
これも、また、完売。
もっと、持ってくればよかったね。

ということで、長いツアーも、無事終了。
谷口、とんぼさん、ミツル、そして
いろんな会社の方々、お世話様でした。

■お待たせしました。
『おーいかばくん』のCDが完成しました。
それまで『トラや帽子店/ライブインジャパン』にしか
収録されておらず、シングルにしてほしいとの声多く、
ケロシモズの下畑カエルと、こしらえました。

以前、チャイルド本社で出た、あべ弘士絵の絵本と
セットにして発売です。
つまり、CDブック。
税込み1200円です。

04.08.01

■今日から、名古屋の絵本専門店・メルヘンハウスで
『ともだちになろうよ』(絵・ひろかわさえこ アリス館)の
原画展が始まった。



8月いっぱいまで、2階のギャラリーでやっている。(水曜定休)
ものすごく、きれいです。
ぜひ、おでかけください。

■昨日の豊橋。
ホテルの大広間で、セミナー。
暑かったけど、みなさん協力的で
とっても、ようござんした。

この日「マエノリ」していた
西巻茅子さんと、さとうわきこさんに
久しぶり、お会いした。
二人とも、すごーい気を放ってたなぁ。
うわああ(倒)。

■その夕食会でアトラクションがあって
タテヤマユキというアコーディオン弾きが出演していた。
ほとんど誰も聴いていない中、
くさることなく、一生懸命弾いていた。
えらかったな。
演奏、すごく、よかったし。
終わったあと、楽屋で「えらかったね」と
声かけると、
ぼくが、聴いていたのがよく、見えたって。
「わかった?」って言うと、
「はい、すごく、目立ってましたから」だって。

■103人のイラストレーター、絵本作家が
『世界中のこどもたちが』をテキストに描いた「平和絵本」が
いよいよ9日講談社から刊行される。
タイトルは『世界中のこどもたちが103』。

その原画展が銀座教文館9Fウェンライトホールである。
ただし、一般読者向けの公開は、
8月10日、10時から2時半までのえらく限られた時間だけ。
そのあとは、記者会見なんだって。
もし時間が、合うようでしたら、ぜひ、お越しください。

■で、明後日から、いよいよこの夏一番の山場。
4日連続セミナーが始まる。
福岡 → 大阪 → 宮崎 → 福岡というツアーで
4日目の福岡がとんぼさんと、
あとはタニゾウとのセミナー。
大変そうだけど、でもね、楽しみなんだよ。
いろんな人に会えるしね。
なんか面白いこと、起きないかな。

でも、まじ、飲み過ぎないようにね、
って、おれか、
って、前にも言ったぞ。