中川ひろたか/過去の日記|SONGBOOKCafé ソングブックカフェ

    中川ひろたか   過去の日記

過去の日記

03.12.31

■今、毎日、タニゾウこと谷口國博と歌を作っている。
来年夏、世界文化社から発売のCDブック(?) のための歌。
全部、書き下ろし。
この2週間で、なんと15曲作った。
今までにない、新しい感じ。
来年夏、二人でのセミナーも、早や、5本決まった。
ちょっと、面白いかもね。

■1月末に発売予定の
『ショコラちゃんのレストラン』
(文・中川ひろたか 絵・はたこうしろう 講談社)
の色校が出ました。
作業は順調に進行しています。



■中川ひろたか2003年のお仕事

01 絵本 かいじゅうのこんだて 絵・村上康成 PHP研究所

01 絵本 とんとんどんどん 絵・村上康成 PHP研究所

04 自叙伝 中川ひろたかグラフティ 絵・ささめやゆき 旬報社

05 絵本 いないいないばぁ 絵・村上康成 ひかりのくに

05 絵本 あっぷっぷ 絵・村上康成 ひかりのくに

06 絵本 ようこそうみへ 絵・村上康成 童心社

06 絵本 だじゃれしょくぶつえん 絵・高畠純 絵本館

07 絵本 スプーンさん 絵・100%ORANGE ブロンズ新社

07 絵本 くつしたくん 絵・100%ORANGE ブロンズ新社

07 絵本 コップちゃん 絵・100%ORANGE ブロンズ新社

08 絵本 ショコラちゃんはおいしゃさん 絵・はたこうしろう 講談社

09 すごろく ピーマン村すごろく 絵・村上康成 童心社

11 絵本 もちづきくん 絵・長野ヒデ子 チャイルド本社

04 CD きみたち今日から ともだちだ 中川ひろたか 作品集 絵・藤本ともひこ、 太田ヒロ コロンビアレコード

05 CDブック あそびうたクラブ 詞・湯浅とんぼ 絵・長谷川義史 ソングレコード+チャイルド

08 CD メッセージ 詞・新沢としひこ 歌・新沢/中川/ケロポンズ ソングレコード

08 楽譜集 メッセージ 詞・新沢としひこ 絵・はたこうしろう アスクミュージック

今年、なにより記念すべきは、自叙伝を出版したこと。
そして一人多重録音CD(「あそびうたクラブ」)を出したこと。
NHKの『てれび絵本』のBGMを2曲、担当したこと。

絵本では、『ピーマン村シリーズ』(文・中川ひろたか 絵・村上康成 童心社)が
通算100万部突破!
『おばあちゃんすごい』が課題図書に選出され、
『歯がぬけた』が「けんぶち絵本の里・びばからす賞」を受賞した。
『わにのスワニー 1~3』も「平成15年度 児童福祉文化省推薦作品」を受賞した。

ソングレコードでは、今年5月から、それまで3000円だったCDを
すべて2500円に値下げしたこと。
そして、それまで、トラや帽子店から発売されていた11アイテムが
ソングレコードに移行したこと。

来年は、なんと50歳。
3月に、中川ひろたか無責任編集の絵本雑誌『ほっぺ』(学研)が創刊。
夏には初めての詩集が3冊出版され、ついに「詩人」になる予定。
絵本も長新太さんとの4冊はじめ、たくさん出版される。
ソングレコードも恒例の「クーヨンシリーズ」他、
数アイテム、リリースの予定。

来年も、どうぞよろしく。
よいお年をお迎え下さい。

03.12.27



■岩崎書店から『日本一みじかい詩の本』(伊藤英治・編)が
出版された。
夏目漱石、武者小路実篤から、まど・みちお、谷川俊太郎等々、
日本の詩歌人62人が、書いた一行詩。
その豪勢な席に中川も、まぜていただいたんだけど、
よかったんかなぁ、あれで。

03.12.24

■クリスマスなので、あっと驚くプレゼントいたします。
ずっと、ナイショにしていた秘密のプロジェクトのこと、
発表します。
ジャジャーン!

来年、学研から新しい雑誌がスタートします!
タイトルは『ほっぺ』
全国書店で、3月1日発売されます。
(はじめは3ヶ月ごと、ゆくゆくは月刊に)
お話やら、絵本やら、工作やら、迷路やら、
いろいろありの雑誌です。
で、中川は、その雑誌のプロデューサーという大役を
おおせつかってしまったの。キャー!
おっほん。
私、プロデューサー氏としては、 ものすごく面白くて、きれいな本にしたいと
考えています。
子どもたちが、もっかい読んでと 何度もリクエストしてくれるような、
そんな雑誌をめざします。

すでに、編集作業は進行していて、
創刊号の執筆陣、ざっと言っちゃおうか?
はたこうしろう(表紙)、阪田寛夫、高畠純、長新太、
二宮由紀子、いちかわなつこ、宮西達也、
市居みか、あきやまただし、村上康成
、 あべ弘士、荒井良二、柴田愛子他、
ソーソーたる人たちが、引き受けてくれました。
すでに、どんどこ原稿が上がっています。
もちろん、中川ひろたかも書きます。
来年春が、楽しみね。

■昨日、恒例となった
朝日新聞厚生文化事業団主催の 銀座コンサート。今回で4回目。
上田浩司、ミツルと。

リピーターのお客さんも多く、
会場自体が熟成されてきた感じ。
とっても、あったかく、
おだやかな空気が流れているの。
すごーく、いい感じよ。

今回のゲストは、湯浅とんぼさん。
とんぼさんは、やはりものすごく、
出てきて手を振っただけで、
世界ができあがっちゃう。
ほのぼのと、まったりした感じになるのね。
今年出た、とんぼさんはじめての絵本
『ふうせん』と『あるいてあるいて』も披露してくれた。

来年も、12月23日、5回目が決定しました。
毎年暮れには、銀座でライブだなんて、 なんか、かっこいいじゃんねぇ。

メリークリスマス!

03.12.22

■今日は、ブブくん誕生日、おめでとう。
5歳になりました。くーん。



■19日、西宮でコンサート。
主催は、トラやの頃から、幾度となく主催してくれた
かきの木シスターズのみなさん。
メンバーのお母さんたちは、全然お変わりないのですが
あのとき小学生だったのが高校受験だとか、
中学生だった子が入籍したりだとか、
その子どもたちやら、まわりの状況の変化は
まるで「北の国から・総集編」を見るようだ。
サイン会で「10年ぶりに見ました」という女の子がいて
年齢を聞くと「19歳」の短大生だって。
9歳の時以来ってことなのよ。
そういや、ぼくも、来年50歳だった。
どうりで、ミツルも30歳に、なるわけだ。

■20日は、となりの三田市で、親子コンサート。
子育て支援の会・ミルクの主催。
関西特有の子どもの「つっこみ」
しっかりいただきました。
終了後、また来年、
今度は新沢さんとご一緒にと、言われました。
わかりました。
伺いましょう。

新沢、ノートに書いといてね。

03.12.20

■今日明日と、西宮・三田の兵庫ツアー。
お近くの方、ぜひお越しください。

03.12.17

■『キャンピング』という小冊子が
日本キャンプ協会ってところから
発行されているのだけど、
そこから、エッセイの依頼があって、
書きました。
キャンプについてのエッセイ。
チャンスがあったら、読んでみてね。

問:03-3469-0217

■ショコラちゃんシリーズ第5弾!
『ショコラちゃんのレストラン』
(文・中川ひろたか 絵・はたこうしろう 講談社)の
本絵が仕上がる。
はたさん、ほんとに、美しい。
ものすごく、きれい。

お料理上手なショコラちゃん。
いっぱい作ったのはいいけれど・・・。

来年、1月末刊行予定。

03.12.15

■13日、高尾の浅川保育園でライブ。
お父さんお母さんもいっぱい集まってくれて
ワイワイと、楽しかったな。

ここの園長は、湯浅とんぼさんと歌の本も出している
島本一男さん。

ライブのあと、二人で、
とんぼさん主催の『勝手に音楽会』に出かける。
これは、とんぼさんが最近やってる会なんだけど、
けっこう人がいっぱいで、盛況なのね。
犬飼聖二さんや、三根政信さんなんていう
昔なじみの人も来ていて、 それぞれ、ワザを見せる。
なにかと他流試合の様相なのね。
ま、そこにとんぼさんのネライがあるわけなんだけど。
かつて、27年前に、とんぼさんと会うきっかけになった
「子どものあそび研究会」を、とんぼさんは
こういう形で、復活させたんだなって、見て思った。

ステージ側に黒板があって、
そこに、とんぼさんは、勝手にプログラムを
書き入れていて、最後に「中川ピーマン〆め」とある。
まったく、勝手なのだ。

で、やっぱりそこに来ていた若手男性保育者バンド「クリーミィメロンパン」と
楽譜集『ヤッホー!あそびうた』(サンパティックカフェ)に
提供した曲『Dream』(いい歌だった!)なんかや、
ひとりピアノで『はじめの一歩』なんやかやかや、
歌わせてもらった。

03.12.12

■身辺、やれ結婚だ、やれ引っ越しだと
なにかと、かまびすしく、 気ぜわしい昨今、ご無沙汰してます。

以前申しました秘密のプロジェクトも
今なお、消えることなく進行中ですし(まだ言えない)
相変わらずの絵本の打ち合わせだとか
忙しくは、しておりましたのよ。

■先日、教育画劇から来年出版予定の絵本
『おとうさんはスーパースター』の本絵を見ました。
絵は、大橋重信さん。
かつて『じてんしゃ きこきこ』(ビリケン出版)という絵本を
出されてる方で、へんてこなのに上品っていう画風で、
すばらしいの。

お父さんものということで、
ま、フツーに、「父の日」ねらいで、
4月~5月あたりの発売になりそう。
もう、できてんのにね。
出版には、そういう「作戦」もあったりするわけよ。
フムフム。

■子どもの本通信『ダンダン』(講談社)vol.9 が発行された。
「おもしろことばあそびの本」特集で、
案内人は、もとしたいづみ。
わしの『だじゃれすいぞくかん』が紹介されておった。
ありがとよ。

あと、「どうぶつなぞなぞ教室」という
しまぶくろさん出題のなぞなぞページ。

しまぶくろさんのなぞなぞなんで
ま、オシテシルベシなんだけど、 ビジン編集部のみなさん、
これ、単行本にならないのかなぁ・・。

■講談社と言えば、来年の1月31日にあるイベントに、
長新太さんがくるらしい。
あと、はたこうしろうに、石津ちひろだって。
もちろん、中川も出ます。
前回が激しすぎたので、 今回は、ぐっとシックなメンバーにしたとは
担当者の弁。

どうやって、申し込むんだっけなぁ。
まだ、言っちゃぁいけなかったんだっけなぁ。

03.12.04

■カエルちゃんから、
ケロポンズのニューアルバム
『キミノエガオ』が届いた。



このCDで全11曲のうち、2曲を提供した。
藤本ともひこ(詞)との
『Dream's come true』
『Jinglebell dog』の2曲。
もう、ばっちりのNYサウンドで、こんなうれしいことはない。
ほんとに「すばらしい」の一語。
ファイト湧く。
ぜひ聴いてほしい。

問:カエルちゃんオフィス

■今発売中の別冊太陽
『おとなが子どもに出会う絵本』で
(谷川俊太郎・中川素子 編 平凡社)
80冊の絵本が紹介されているが、
そこに中川訳『マットくんのふねふねヤッホイ』(BL出版)が
選ばれていた。
谷川さん、ありがとう。



だけど、これ、訳と言っても 元々文章が一個もなく、タイトル
『SHIP AHOI !』を訳しただけ。
なんか、うれしくも、恥ずかしい入選でありました。

03.12.01

■ツアーから、昨日帰ってきました。

・28日、鹿児島県川内市。
ほるぷキッズパークで、お話し会。
20人くらいの小さな会で、絵本の話。
来夏、偕成社と、のら書店から発売予定の詩集から、
数編、詩を朗読した。
歌をうたうのとも、絵本を読むのとも、また違う感覚。
まるで、谷川俊太郎さんになった気分でしたのよ。

・29日、福岡県粕屋町立図書館で 絵本講演会。
小さい子けっこういたんだけど フツーに、講演会だった。

・30日、名古屋に飛んで
ケロポンズ、上田浩司、ミツルとコンサート。
あれもこれもの2時間50分。
超満員のお客さん、大変でしたけどね。
楽しかったんよ。
主催の「わくわくシンフォニー」のみなさん、
お疲れさま、ありがとう。

このコンサートで、
翌日誕生日(今日12/1)の増田裕子に
主催者からケーキのプレゼントがあった。
「何歳になったのかわからなかったし」
「多いに越したことないと思って」
ケーキには、5本のろうそくが立てられた。