中川ひろたか   過去の日記

過去の日記

03.07.31

■ブロンズ新社から出る100%ORANGEとの絵本、
完成間近です。
初売りは、おそらく、絵本カーニバルの初日。
8月12日。


  

■保育セミナー3連チャン、無事終了。

・福岡は、ひかりのくに主催。
ぼくたちの前が、阿部恵さん。
ペープサートの講座。
前の日に、博多の屋台で、いっしょに飲む。
今度、曲でお手伝いさせてくださいと
売り込んで、ああ、そりゃうれしいって言ってくれたんだけど、
あれは、酒の席でしたって、なるんかなぁ。

阿部さんは、そのあと、秋田へ飛んで
ケロポンズといっしょだったらしい。
みんな、すごいよなぁ。

・大阪も、ひかりのくにの主催。
大阪が本社の会社だけあって
あのフェスティバルホールに
1500人集まった。
ここで、歌うのって、
まるで、太平洋の荒波に
小さなボートで一人漕ぎ出す、そんな感じよ。

新しいアルバム(8月8日には発売されそう)から
『メッセージ』を歌ったんだけど
1500人が、シーンと聴き入ってくれて、
わーん、鳥肌モンでした。

・東京は、チャイルドの主催。
おなじみ新宿・朝日生命ホール。
ここは、湯浅とんぼさんとの講座。
ほとんど全部『あそびうたクラブ』から歌う。

とんぼさんによると、
なんでも、17年前、ここに
二人で出演したらしい。
『カレンダーソング』が出た時だって。
それ以来のセミナーだったんだけど、
いやぁ、面白かったね。
なにが、面白いって、とんぼさん。
中川につっこまれた、とんぼさんの
笑ってるんだか、泣いているんだかの顔が
判別不能で、おっかしいの。
で、実際、泣いてる。

このコンビで、16-17日にも、講演会がある。
ほんと、面白いよぉ。見に来たら?

03.07.27

■明日から、
福岡、大阪、東京、
保育セミナー3連戦。
どれも、おそらく1000人規模。

■福岡・大阪は、ひかりのくにの主催。
東京は、チャイルド社主催、
これは、とんぼさんと。

■とんぼさんとの夏の保育セミナーは
ものすごく久しぶり。
もともと、このような仕事をするようになった
最初が、とんぼさんだった。
いっしょに歌を作るようになって
とんぼさんは、ぼくを、
ギター伴奏者として起用してくれたのだ。
千代田区の砂防会館。
日総研主催のセミナー。
1979年の夏。
あれから、24年かぁ。
でも、ほとんど、同じ感じでやるんだろうな。
楽しみ。

03.07.24

■NHK教育TV「てれび絵本」で、今度は
『えんそくバス』(絵・村上康成 童心社)が、登場する。
その音楽もだけど、今度は、なんと、
朗読も担当することに。
その録りが、昨日、あった。

これから、音楽を制作して
秋に放送。楽しみにしててね。

■ショコラちゃんシリーズの第4弾
『ショコラちゃんはおいしゃさん』(絵・はたこうしろう 講談社)の
色校を昨日、見た。
アフリカのどうぶつたちの
病気をなおすショコラちゃん。
はたさんのお得意のどうぶつたちが
いっぱいでてきます。
きれいで、かわいい。
8月末の発売。

■『ピーマン村すごろく』のパッケージデザインが完成。
史上最強すごろくは、いよいよ最終段階に。
これは、9月の発売。

03.07.20

■ジムに通い始めた。
目的は?と聞かれ
「マッチョナカラダ」と答えた。

■ヴォイストレーニングに通い始めた。
とんぼさんの紹介で
知らずに行ったのだが、
その先生、イタリアオペラの人で
そっち系のレッスンを受けている。
いわゆるベルカント唱法。
すごく、ほめられたりもする。
もしかしたら、5年後
オペラ歌手になってるかもしれない。

■その、とんぼさんは、
「ハリーポッター」の翻訳を手伝っているらしいが
前のコンサートで「原書を読むといい」と
言ってたのを思い出して、
ハリポタの原書、読み始めている。
わからない単語(だらけ)は、すっとばして
かまわず読んでるんだけど、
なんとか、筋くらいはね、
おぼろにわかったりして、楽しい。
だけど、どうかね。
5巻までの道のりは、果てしなく遠い。

■それまで、ヒトに教わるなんて
大嫌いだったのにね。
「お父さん、どうしたの?ケンキョじゃん」って
息子に言われた。
でも、ホント、
どうしちゃったんだろね。

03.07.16

■さらに、kaさん、kiさんが
歌詞を送ってくれました。
あんがとね。

■さっそく、福岡のご当地ソングの歌詞が
読者?のみなさんから、送られてきました。

『オイサオイサのぼせもん』

やっときました
まつりのあさが 
がやがやそとが
さわがしい 

めんどりないた 
たいこがなった 
いちばんやまが
こしぬけた

きょうはやまがさ
はかたのまつり 
オイサオイサ 
のぼせもん

1番は、行の頭文字が「や・ま・が・さ」 2番が「め・ん・た・い・こ」に なっておるのね。

盛り上がったんよ。

oさん、iさんはじめ 238人のみなさん、 歌詞を送ってくれてありがとうでした。

03.07.15

■九州ツアー、行ってまいりました。

・12日、熊本・国際交流会館にて、
絵本とおはなしの店「ぺぺぺぺらん」の主催。
中川ひろたか講演会。
「ぺぺぺぺらん」というのは、
5人の有志が共同出資ではじめたお母さんのグループ。
ものすごい豪雨の中、みんな、よく来たね。
子どもたちも多かったが、絵本にまつわる話など、
けっこう、ベラベラとしゃべくった。
うん、しゃべりが多かったね。
講演会らしく、質疑応答があったりして、
ぼくは、面白かったよ。

・13日、福岡・大野城まどかぴあにて、
絵本専門店「エルマー」の主催。
新沢としひこ・上田浩司・ミツルとの
ひさびさの組み合わせコンサート。
この日、博多山笠とドームでのSMAPコンサートが
重なっていたにもかかわらず、
なんと、先月末には、800席全席、完売していたらしい。

また、れいによっての、ご当地ソングも
うまいこといって、絶賛の嵐。キャー!
どなたか、歌詞メモしてたら、
メールちょうだい。

・14日、福岡近くの須恵町・アザレアホールで
須恵町の東・西・南の3園合同コンサート。
それぞれの親子さんが集まった。
ここは、上田浩司・ミツルと3人で。
まぁ、やんちゃな子どもたちでねぇ、
はい、大盛り上がりでございました。

■今日は、童心社で、この秋発売の
『ピーマン村すごろく』の打ち合わせ。
このすごろく、ほんと、ヤバイオモシロイ。
この手の幼児向けすごろくの中じゃ、
マジ、ダントツ革命的に面白いと思うよ。
期待しててね。

03.07.11

■明日から、九州ツアー。
熊本、福岡の旅。
詳しくは、schedule 見てね。
そして、来てください。
サイン会とかあります。
お話とかできます。
握手もします。・・・。

■えーと、そんだけかな。

03.07.09

イラスト:100%ORANGE

■8/12から21までの10日間、
『絵本カーニバル2003』が、
品川・新高輪プリンスホテル国際館パミールで開催される。

盛りだくさんな企画の中
中川も『絵本学校』とやらに出演する。
(スケジュール見てみてね)

この初日、100%ORANGEとの絵本3部作、
『スプーンさん』『くつしたくん』『コップちゃん』が発売され、
さらに、それを記念して
100%ORANGE デザインの赤ちゃんTシャツが
特別限定発売されます。
まだ、できてないけど、きっとかわいいはず。
(ものすごく、数が少ないので、 早く来たほうがいいと思うなぁ)

そういえば、100%ORANGE ったら、
最近、新潮社のパンダの絵描いてたなぁ。
超売れっ子だべ。

03.07.08

■6日、山口県大島郡での講演会。
大島というのは、瀬戸内海の島で
両親の生まれ育ったところ。
そこでの、講演会。
ちょっと特別。
かなり格別。

曾祖母の50回忌も偶然重なり、
父の墓参りもかねて、 母も、来た。
叔父、叔母も来てくれた。
母は、息子のライブを始めて見た。
トラやの頃、何度誘っても
「おそろしい、おそろしい」と言って、 来ようとしなかった。
それが、どういうことか 「行ってみよう」ということになった。

会場は、大島にあるホール。
400人の山口県東部の保母さんたちが集った。

絵本『おばあちゃん、すごい』のおばあちゃんのモデルは母で、
おばあちゃんの話す言葉は、母の言葉、つまり山口・大島弁だ。
ものすご、ウケました。

講演後、母は「よー、あんなに声がでるこっとよ」と
息子のあまりの「親不孝声」に感心していた。

叔父も、久しぶりに見る大量の若い女の人に喜び、
失くしていた食欲が戻った。

03.07.04

■ピーマン村の絵本シリーズ
(文・中川ひろたか 絵・村上康成 童心社)が、
ついに、100万部突破しました。
おめでとう!
全14冊+体操CDブック、合わせて100万部。
1995年の『さつまのおいも』から始まって 約8年での達成です。
関係者のみなさん、おめでとう。
ありがとうございました。

え?100万部突破パーティ?
そんなん、いたしませんことよ。

■な、なんと、発売1ヶ月半で
『とんぼ&ピーマンのあそびうたクラブ』 再版決定です!(早)
いやぁ、こもりのおじちゃまとしても これは、うれしいなぁ。
苦労しただけにね。
涙、涙です。
ありがとう!
び~~~(泣いたの)

■『保育プラン・8月号』(チャイルド本社)に
「仕事場訪問・中川ひろたかさんをたずねて」という
2ページの記事と 「おすすめBOOKガイド」に
『中川ひろたかグラフィティ』が紹介された。

以下:

『いっぽんばしにほんばし』『みんなともだち』等、
保育の世界ではスタンダードとなっている曲の
作曲家であり、絵本作家でもある中川ひろたかさんの
初めての自叙伝です。
「日本で初めて保母資格を取得した男性」中川さんが
いろいろと取り組んできた「初めて」のことなど、
「歌・子ども・絵本の25年」が、
中川さんならではの軽妙な語り口によって
つづられています。

■中川の絵本にまつわる
子どもたちのエピソードが 送られてきました。
カワイイので。掲載。

●(保育園、年長組)
8人で机を囲み
着せ替え人形を楽しんでいた女の子達。
人気のキャラ争奪で
なにやら不穏な空気が・・・
どちらも引かず 次第に険悪になって
とうとう一人が
机にうつ伏し、泣き出しました。
(どう収拾がつくのかなぁ・・・)と
見守っていると、
リーダー格の子が
「じゃあ、じゃんけんすれば」
で、争っていた子3人はじゃんけんをする事に。
ところが、音頭とりの子の口から出たのは
「じゃんけんポンズ! あいこでショウユ!」(『こんにちワニ』)
とたんに周りの子達、みんな
「あたしもじゃんけん!」と
手を出して参加です。
もう、ここですでに なんの為のじゃんけんか
完全に忘れてる・・・さすが子ども(笑)。
8人のじゃんけんは
ずーっと「あいこでショウユ」が続いて
掛け声はますます大きくなって・・・
最後は大笑いで大団円となりました。
人気の人形は、泣いた子に譲られました。
じゃんけんでなく。
(新潟・○△さん)

●昨日、『ようこそうみへ』を絵本コーナーに
出したの。さっそく、ほんまみくちゃんが来て
手にとったからなんて読むのかなぁと見てたら、
サインしてあるページを開いて「ウワァ~」って喜んで
「な・か・が・わ・ひ・ろ・た・か」って言ったの。
すご~い!!みくちゃん知ってるの?って聞いたら
「うん。なかがわひろたか好き。」だって。
(山形・Y△さん)