中川ひろたかギャラリー|SONGBOOKCafé ソングブックカフェ

    中川ひろたか   ギャラリー

ギャラリー

Cosmic Letters

明け方、布団の中で目をつむっていると
いろんな「形」がやってくる。
意識の奥からか、はたまた宇宙の向こうからか
忽然と現れては、形を変え、消えて行く。
それは、まるで、アメーバや雲のよう。
この体験は、子どもの頃からのもので
ぼくは枕に顔を埋めて、よく見ていたものだ。
大人になっても、それは続いていて
今年に入って、これを絵にとどめておきたいと思いついた。
これらの絵は、想像の絵ではない。
目の奥に現れる「形」の写生だ。
風景画と言ってもいいかもしれない。
これを見たある人が、これは宇宙の文字なんじゃないか?
と言った。中川さんは、宇宙との交信をしているんですよと。
そうかもしれないなと思ってはみたけど
それは、なんともわからない。
ただ、この絵を描いているうちに、
宇宙からのメッセージを、感受できるようになるかもしれない。

2012.2.14    中川ひろたか

When I was a little boy, I had seen some objects appeared on my mind behind my eyes closed.
These objects have suddenly appeared, changed its shapes and disappeared like amebas or clouds.
After I grew up, it still happens sometimes in early morning when my eyes are still closed.
Does it come consciously or from the space?
I don’t know..... But now, I want to keep a record of what I have seen, so I decided to draw.
This is not imaginary drawings, but a copy or a landscape-painting of objects that appeared on my mind.
The person who has seen my drawings said that this is probably some sort of letters of a space, which came from the interaction between me and the space.
I don’t really know if it’s true or not.
However, I’m thinking that I might be able to catch or understand messages from the space someday by these drawings.

2012.2.14    HIROTAKA NAKAGAWA